自由=幸福なのか

大学の授業を受けていると、世間では当たり前に良いと思われていることが、本当は最善の行動や方法ではない、ということによく気付かされます。

 

代表例としては民主主義とかです。(民主主義は実は一番戦争に繋がりやすい政治形態だというのを聞いたことがあります。詳しくないのであまり深くは言えませんが......)

 

これは高校までの教育の問題です。この国が資本主義、民主主義、自由主義の国なので、それらは正しいものだと教わります。そこで教わった人が将来先生になっても同じ事をまた子供たちに教えるのです。

 

教育の話は一旦置いておいて、私が気付いた「世間では良いと思われていること」は自由です。

 

人間は自由であるべきだということには多くの人の意見が一致するでしょう。(古代奴隷制・中世封建制の貴族や領主に聞いたらそうでないと言うでしょうから、この意見も近代・現代に特有のものでしょうが)

 

実際に私自身、自由を求めて関東の実家を飛び出し、関西の大学に来ました。

 

その時は自由という言葉を曖昧に理解していたのですが、大学で勉強している内に自由が本当に正しいのか分からなくなりました。

 

例えば、以前に記事にも書いたザミャーチンの「われら」を読んでみてもそうです。

kyshami.hatenablog.com

 この物語が教えてくれるところによれば、自由と幸福が同時に成り立つことはあり得ません。確かにその通りです。人間がみんな自由に行動したら他人との利害衝突が起きてしまいます。

 

そこでこの物語の中では幸福を自由よりも優先し、単一国が全ての人の行動を決定してみんなの幸福を求めようとしています。しかし、そんな人間らしくない行動が本当に幸福なのか?という問題も新たに生まれます。

 

さらに、大学で勉強しているうちに、自由という言葉にも色々種類があることが分かりました。

 

現在のこの国は自由主義だと思いますが、実際には「自由不平等競争主義」なのです。生まれた家庭によって教育を受ける機会(あるいは受ける教育の質)などに不平等がありますが、それを前提として自由を名目にした競争社会に勝手に放り込まれてしまうのです。自由主義社会とは気の向くままに自由に振る舞って良い社会のことではなく、不平等の中で自由に競争しなくてはならない社会なのです。

 

さらに言えば、この自由競争のもとでは貧困などは自己責任になってしまいます。貧しい人はそれだけで道徳的に劣っていると見なされてしまうのです。実際には生まれたときからの不平等があるのに。日本でこの考えを広く人々に根付かせたのは、江戸時代の二宮尊徳石田梅岩です。

 

他にはこんな話もあります。

 

帝政ロシア農奴解放が起きたとき、今まで領主のもとで土地に縛り付けられていた農奴たちは、解放令が出されて自由になりました。しかし彼らは土地を失って都市に流れ込み、再び労働に縛られなければ生きることが出来なかったのです。

 

これは奴隷より良いと思うかもしれませんが、必ずしもそうとは言えません。奴隷は主人の財産なので損なわれることがないようする必要があるのですが、資本家は労働者の労働力だけを買っているので、思う存分搾取したあとで労働者が過労死したとしても、別の労働力を買えば済んでしまうのです。

 

いつの間にか話が大きくなってしまいました。私は別に結論をもって「どうこうしてほしい」と思っているわけではありません。ただ、こういうことを知っていないと、世界の本質が見えないまま生きてしまうことになりかねないと思ったので、ここに記事として書いた次第です。

ニートには才能がいる

私は将来、働きたくありません。

 

どうにかして労働せずに生きる方法はないかと探しているのですが、なさそうです。

 

ですが、たとえその方法を見つけても、気持ち的に働かずにはいられないでしょう。

 

私は大学一年生の時、ろくにバイトをしていなかっただけで「周りはみんなバイトしてるのに自分は......」と追い詰められていたので、仕事をせずに生きるなど出来そうにありません。(過去記事参照)

kyshami.hatenablog.com

 

ニートの人は世間に一定数いると思いますが、ニートでいるためには才能がいると思うのです。周りと自分を比べたり、家族からの目、世間からの目が一切気にならない人しかなれません。強靱な精神が必要なはずです。(逆になんらかの仕事にとてつもない適性がありそうです)

 

私はそんな精神を持ち合わせていないので、残念ながら働くことになるでしょう。

「重複」を「じゅうふく」って読む奴嫌い

皆さんは「重複」をどう読みますか?

 

「ちょうふく」か「じゅうふく」でしょう。

 

本来正しい方は「ちょうふく」なのですが、現代では「じゅうふく」と読む人も多いため、どちらでも正解らしいです。(漢字変換する際も、どちらで打っても変換されます。)

 

ところが私は「じゅうふく」と読む人を好きになれません。いい大人などが「じゅうふく」と読んでいると、「ああ、この人は学がないなあ」と思ってしまいます。本当はどっちでも正解だし、むしろ「じゅうふく」のほうが通じる感さえあるのに。

 

このような読み間違えやすい漢字は他にもありますね。例えば、「早急」とか、「貼付」とか。これらは私も「そうきゅう」とか「てんぷ」などと読んでしまうので「じゅうふく」と読む人を責められません。

 

こうなると日本語とは何か、という問いに繋がってしまいます。例えば、「ちょうふく」と読む人が人口の1%しかセントしかいなくなった場合、もはや日本語が変化したと言うべきでしょう。なぜなら「ちょうふく」と言っても他の人には伝わらず、それは言語として機能しているとは言えないからです。すると「ちょうふく」のほうが間違えた使い方になり、「じゅうふく」が新たな日本語の単語として機能するようになるのでしょう。

 

このパーセンテージは重要だと思います。10%だったら機能するでしょうか。ある集団・地域の中でだけ80%で他の地域では10%という単語だったらどうでしょう?

 

「重複」の場合、とあるサイトによると「ちょうふく」読みする人は約60%、「じゅうふく」読みは約40%ということなので「ちょうふく」はまだ正しい日本語として機能していそうです。

コーヒー飲めない

私は食べものの好き嫌いはあまりないのですが、飲み物の好き嫌いが激しいです。

 

嫌いな飲み物が多く、例を挙げるならコーヒー、紅茶、ミルクティー、レモンティー、ココア、カフェオレなどなど。(好きなのは、炭酸、お茶、ビールなど)

 

嫌いな食べ物が多いのに比べれば、嫌いな飲み物が多いことは大して不便もないのですが、唯一コーヒーが飲めないのだけは困りものです。

 

例えば、友人と遊びに行った際など、中途半端に時間が余ってしまったとき、普通なら喫茶店(スターバックスとか)に行くことが多いと思います。ところが私はコーヒー全般が飲めないのでスタバには行けません。行っても何も飲めないのですから。私は未だに1回もスタバに行ったことがありません。

 

または、少し高級そうな洋食のお店に行ったとき、食後の飲み物は大抵コーヒーか紅茶です。しかし私はどちらも飲めません。仕方ないので一緒に行った友人に2杯飲んでもらい、私はキンキンに冷えた水をがぶがぶ飲んでいました。

 

年齢とともに味覚も変わりますから、これから飲めるようになるかもしれません。せめてコーヒーだけはおいしく飲めるようになりたいです。

LINEが嫌い

私はLINEやメールでのやりとりがとても苦手です。

 

例えば、サークルメンバーやバイト先に事務的な連絡をする場合。文字だけだと上手く相手に伝えられないことが多いし、かと言って詳しく伝えようとすると長ったらしい文章になってしまいます。相手の表情や反応が分からないので、どこまで細かく説明するかというのも考えなくてはなりません。

 

事務連絡以外の普段の何気ないやりとりも嫌いです。既読無視や未読無視は常にしています。すぐに返事をするのは相当仲の良い人だけです。

 

それはなぜかと言えば、私が人と関わるモードになっていないからだと思います。

 

外に出て友人に会うときには「これから友人に会うぞ」という気持ちになって人と会話するモードに気持ちをチェンジします。ところが家にいるときに突然連絡が来るようなときには「独りで誰とも関わりたくない」モードになっているので返信する気になれないのです。突然にくる電話も同様です。

 

この気持ちの切り替えの必要性は独り暮らしをしてからより一層高まった気がします。実家にいた頃は家族がいるので常に人と関わるモードだったのですが、独り暮らしをするようになって、さらに最近の自粛期間によって「誰とも関わらない」モードでいるときの時間が圧倒的に多くなりました。

 

とは言っても、別に対面のコミュニケーションが得意な訳でも好きなわけでもありません。それでも、どちらかと言えば人に会う前は話すモードにチェンジしてから会話したいです。

Q&A Diary

 最近買ったお気に入り商品を紹介したいと思います。

Q&A Diary : My 5 Years

Q&A Diary : My 5 Years

  • 発売日: 2012/12/14
  • メディア: 単行本
 

(広告とか宣伝ではありません)

 

とある声優さんがYoutube上でお気に入り商品紹介をしていたのですが、その方が1位に上げていた「Q&A 5年日記」です。動画を見て私も欲しくなってしまいました。

 

私は普段はよく考えてから買い物をするのですが、たまに衝動買いをしてしまうことがあります。 これもその一つです。

 

その名の通り、5年分書くことが出来ます。月日だけが書いてあり、それぞれの日に5箇所書く欄があります。1年目は1段目、2年目は2段目......というように書いていくのです。

 

そして毎日に1つずつ質問が設定してあります。例えば昨日だったら「よく聴く音楽リストのトップは?」でした。これを毎日書いていって5年間で自分が変化したか、それとも変化しなかったかが分かるのです。

 

深い質問もあります。例えば、6月12日は「行く手に、何か立ちはだかっていますか?それは除くことができますか?」という質問でした。残念ながら今の私の前には大きいが目に見えない壁が立ちはだかっており、取り除くことができません。果たして1年後、2年後の私はその壁を越えることができているのでしょうか?

 

1年目はただ書いていくだけですが、来年からは楽しみです。今とは変わっていることを願うばかりです。

アンケートサイトで自己を省みる

ポイントをためれるアンケートサイトってありますよね。登録してアンケートに答えてポイントをためると現金に換金できたり、Amazonポイントに交換できたりするやつです。

 

私もたまにやっているのですが、アンケートの内容に考えさせられることがあります。

 

例えば、好きな服のブランドは?とか、使っている洗顔料のメーカーは?とかです。私はブランドとかメーカーとかを意識して買っていません。こんな質問がある度に、自分にはこだわりがないなあ、とか美意識に対して無頓着だなと思います。同時に世の中の人たちはそんなに意識して買っているのだろうか?とも思います。

 

これだけではありません。アンケートの最後のほうには性格に関する質問が何問も出されます。これはおそらく適当な回答を除外するための設問でしょう。(例えば、自分にどのくらい当てはまるかを1から5の数字で答える問題で、「人混みが好きだ」という問題の数問下に「人がたくさんいるところに行くのは苦痛だ」とかが書いてあるのです。2つの似通った問題で矛盾した解答をしていたら、その人の回答は信用できないということになるのでしょう。)

 

これにも考えさせられます。例えば、「人とは狭く深く交際するほうだ」とか「誘うより誘われるほうが多い」とか。こちらの性格を分かられてしまうようで嫌です。

 

こんな質問はたいてい適当に答えるのですが、たまに深く考えて自分を省みることがあります。

 

「誘うより誘われるほうが多い」という問題も、今までは特に何も考えずに「誘われるほうが多い」と答えていたのですが、本当にそうなのかと熟考してみれば、実は自分から誘う方が多いのではないかと思いなおしました。例えば、親しい人とオンライン飲み会がしたくなったとき、自分からやりたいと言うことのほうが多い気がするのです。

 

それはなぜかと言えば、私は関わりたい人とだけ関わっていたいのであり、関わりたくない人から誘われても断ってしまうからです。だから正確に言えば、「自分から誘うことが多く、誘われても断ることが多い。」でした。

 

なんとなく私のような受け身の人間は「誘われるのを待っている」ような気がしていたのですが、よく考えてみれば少し違うことが、このアンケートのおかげで分かりました。

 

たまにはきちんと答えて自己を見直すのもいいかもしれません。